chezmo familyとは

「世界がおうちにやってくる」をコンセプトとした3つのサービスを提供しているのが「chezmo」。その中で、留学生が家庭に伺って、お子様のシッティングや楽しいアクティビティを実施させていただくのが「chezmo family」です。お子様に異文化や生きた外国語を体験してほしいファミリーと、日本の名門大学(東京大学、慶応大学、早稲田大学、上智大学など)に通う優秀な留学生をつなぐサービスです。

アメリカ、ドイツ、フランス、スペイン、台湾など、各国から日本に来て、名門大学に通っている留学生が、お迎えからシッティング、アクティビティまで担当させて頂きます。

楽しみながら語学や多様性を学んで欲しいと思われるご家庭や、将来的に留学や海外進学を選択肢として考えていらっしゃる保護者に特におすすめです。

ぜひ一度、chezmo familyのサービスをお試しください。


chezmoに込めた想い

chezmo(シェズモ)は、自らも子育て真っ最中の、二人のワーキングマザーによって生まれました。フランス語の chez monde(シェ モンド)からヒントを得て chezmo=シェズモ。chez は英語の at にあたる“〜で”という意味で、monde は“世界”。つまり“世界で”という意味です。子どもたちに「世界で羽ばたいてほしい」、そんな想いを込めて名付けました。

10年、15年後、子どもたちが大きくなり社会へと旅立つとき、ITの発達にともない世界はいっそう狭くなり、現在の職業の多くはなくなっていることでしょう。そんな中、世界で大きく羽ばたく為に幼いころから必要なのは、異文化や多様性を理解し、様々な価値観を持つ人達と協業していくことができる力を養うことだとchezmoは考えます。

世界にはいろんな人がいて、いろんな価値があることを認識し、海外や異文化、多様性への興味や好奇心を育んでこそ、世界で羽ばたくことも可能なのではないでしょうか。

英語は重要なツールですが、言語はその気になればいつでも習得可能です。それよりも、幼い頃から世界に興味を持つことが、将来、チャンスを切り拓くきっかけになるはずです。

chezmoのサービスは、お子様の「10年後の大きな翼」になります。ぜひ我々と一緒に大きく広がる翼をお子様に与えていきましょう。